Psychosomatic medical

自分に適した心療内科を探そう【信頼できる先生を見つける】

社員の心の健康のために

導入する企業が増加

ハートと聴診器

ストレス診断を実施する企業が増加しています。
これまでは定期的な健康診断はありましたが、メンタルのケアを行う企業はほとんどありませんでした。
しかしながら、2015年の12月より従業員が50名以上いる職場においてはストレス診断を実施することが義務付けられて、現在では全国の多くの企業で導入されています。
しかし、このストレス診断を実施することで得られるメリットとは何かを把握している人は少ないのが現状です。
実は診断を受ける人にとっても、企業側にとってもメリットがあります。
ストレス診断を受けると自身の心の健康度を知ることができます。
精神状態というのは自分ではなかなか気づけないものです。
自分でも知らないうちにストレスを蓄積してしまって、病気を抱えて症状が悪化させます。
心の不調に早くから気づくことで病気にならないようにその予防をすることができます。
また、企業側にとってもストレス診断をすることで従業員の生産性の低下を防止することができます。
労働の生産性は精神状態が大きく影響しています。
ストレスを抱えている状態が続けば施仕事の能率が落ちますし、従業員が病気になった場合には不要なコストも発生してしまいます。
したがって、ストレス診断を定期的に実施することでが心のメンテナンスができて、企業の安定的な生産体制も維持することができるというわけです。
このように、企業側にとっても個人にとってもストレス診断はとても有益なものです。

ストレスチェックの目的

女性

日本においては長時間労働とそれに伴うメンタルヘルスの不調が深刻な問題となっています。
バブル崩壊、リーマンショックなどによる、長きにわたる景気低迷がその背景にあります。
不況になった企業は、経費節減に努めますが、経費の中で一番大きな割合を占めているのが人件費です。
この人件費を削減する、すなわち人員削減を実施したことにより、1人当たりの仕事量が過度に増大した結果、長時間労働に従事せざるを得なくなっています。
働き方改革などが政策的に導入される中で、ストレス診断の実施が導入されました。
これが労働安全衛生法の改正によるストレスチェック制度です。
ストレス診断は、ストレスにさらされメンタルヘルス不調になった労働者を見つけることが目的ではありません。
ストレス診断を受検することにより、労働者に、自分がどの程度のストレスにさらされているかに気づいてもらうことにあります。
自分がストレスにさらされていることに気づくことで、働き方を変えることで、メンタルヘルス不調に陥ることを事前に防止することがストレス診断の目的です。
これまでも健康診断があり、一定の時間を超えた労働者に対して産業医が面接指導を勧奨することができるなどの制度がありました。
しかし、常勤でないことが多い産業医では十分に労働者に目配りすることができない部分もあります。
このため、ストレス診断を実施し、受検してもらうことで、自分で気づいてもらおうというセルフケア的な面があります。

簡単に受けられます

男女

会社のことや人間関係のことなどでストレスを抱えている人が増えています。
仕事のプレッシャーで眠れない日が続く、人付き合いが多くて休む暇がないなど、人によって悩みは様々あります。
現在のストレス社会において、自分がどれだけストレスを抱えているかを知ることはとても重要なことであります。
そこでストレス診断テストを受けると良いでしょう。
ストレス診断テストでは現在自分がどれぐらいの負荷環境いるかや、実際にどれぐらい負荷を感じているのかを知ることができます。
更にストレスタイプや、ストレスの解消及び発散の参考となる簡単な対応方法などもチェックすることもできます。
ストレス診断テストは、最新の心理学や統計学を利用したテスト方法です。
質問に対して当てはまる・当てはまらないなどをチェックしていくだけの非常に簡単な方法です。
ストレス診断テストの質問の数は数十問程度あるので、全て答えるのには少し時間が必要です。
またストレス診断テストは得点が高ければ良いということではないので、各質問に対して直感的に答えることがベストです。
ストレス診断テストはインターネット上のサイトでいくつも公開しているので、自分のやりやすいサイトで試してみると良いでしょう。
判定もその場ですぐ診断されるので、とても気楽に受けられます。
ストレス診断テストで全ての悩みを解決できるわけではありませんが、客観的な自分のストレスを知ることができるとても有効なツールです。